受験して合格・取得した資格(2020年10月時点) 設備関連でお勧めの国家資格について

【雑記】スポーツクラブはお勧めです。健康になるだけでなく、良い出会いもあるかも。

スポンサーリンク
スポーツジム どら猫の雑記
この記事は約8分で読めます。

 

 今回は、スポーツクラブについて書いてみたいと思います。私は会員として定期的に利用しているのですが、日々利用している中で気が付いたことを書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

スポーツクラブに行ったきっかけ。

 

 私は学生時代にスポーツをやっていましたが、会社に入社してからは仕事も忙しく、運動からは離れていました。


 しかし、仕事で厳しいクライアントを受け持つことになって非常にストレスがたまるようになり、何か打開する方はないかと思っていた時に、駅前で配られていたキャンペーンのチラシをみて見学にいったのがきっかけです。


ストレスチェック

スポンサーリンク

スポーツクラブに行くことのメリット。


 
 スポーツクラブに行くことのメリットは以下になります。

体が健康になる。



 まあ、当然ですね。クラブで運動をすれば無駄な脂肪等が減り、代謝も良くなり健康になります。体も少しづつですが変わっていきます。なお、運動していると当然疲れますが、仕事での疲れとはことなり、体を動かす疲れなので気持ちが良いです。しかも、疲れからよく眠れて、仕事でのストレスも忘れることができます。


 なお、スポーツクラブにはトレーナーの人もいるのでいろいろ器具の使い方等も教えてくれます。私はランニングマシーンだけではなく、スタジオメニュー、筋トレにも挑戦しました。


 あと、自分はとても参加することはできないだろうと思っていた、スタジオでの運動(エアロビクス、ヨガ、ステップ等)は、やってみると本当に気持ちが良いです。


 リズムにのって体を動かすのは気持ちが良いですよ!最初は動きについていけず恥ずかしいかもしれませんが、入門・初級コースから入れば大丈夫です。誰しも最初からはうまくはできません(笑)。

体が変化すると、自信がつく。



 前述のように筋トレにも挑戦しましたが、これはやった方であれば分かると思いますが、継続的にある程度の負荷をかけてトレーニングしていると、自分の体型が少しづつですが、変わってきます。最初は嫌な感じだった筋肉痛も、なぜかだんだん心地よくなります(笑)。


 むしろ、最初は自分でも気が付かず、だれかに「肩大きくなった?」とか言われるようになると思います。そのうち自分でも実感、意識するようになり、さらに成果が出てくるので、楽しくなり、また継続するようになります。よい循環になるのですよね。


 なお、私は筋トレにはまり、始めたときにはベンチプレスがやっと50kgを1回上げられる位だったのが、最終的には110kgまで上げられるようになりました。筋トレは効果がわかりやすいのでハマるのですよね。。


 ただ、これはやや過剰で、肩や胸の筋肉が大きくなるとワイシャツやスーツがきつくなることや、マラソン等の長距離レースでは持久力が激減しました。。まあ、何事も程よくですね~。今となっては良い思い出です。


筋肉トレーニング

 
 なので、軽めの筋トレはお勧めです。結構短期間で効果がでてくるので、軽めの負荷からやってみてください。ただ、初めての方は、トレーナーの方に相談しつつやってみてください。急に強い負荷でやると怪我をしますので。


 なお、筋トレもフリーウェイトといって、バーベルやダンベル等をつかぅて負荷を強めにやる方法がありますが、最初はマシーンの方がやることをお勧めします。怪我のリスクも軽減できますので。


 しかも、フリーウェイトはトレーニングするスペースが機械器具とは別にあるのですが、そこで練習している人は、基本的に結構シビア(きつめの)なトレーニングをしていたり、長年継続してきた玄人の方々が多いです。なので、少しジムの環境やトレーニングに慣れてから行ってみましょう(笑)。

色々な人たちと知り合いになれる。


 FacebookやTwitterのようなSNSが進歩しているこの時代に?といわれるかもしれませんが、やはり実際の場で知人を得るのは良いです。

 
 入会して最初のころは一人で黙々とやっていたのですが、しばらくすると、自然に知人ができると思います。(場所を譲ったり、トレーニングや器具の使い方を教えてくれたり、きっかけは色々だと思いますが。)


 私はIT業界だったのですが、ジムでは、不動産関係の方、銀行の方、会社の社長さん等と仲良くなり、自分の知らない業界のことなども色々教えてもらいました。また、仕事(所属組織)とは関係がないので、打算なく話せたり、飲みに行けたりするが楽しいですね。


 まあ、とはいえ、みんな目的と意図があってジムにきているので、トレーニング中はお互い黙々とやってますけどね。じゃますると怒られます(笑)。


 あと、スポーツクラブで知り合った女性とお付き合いしたこともあります。それが目的ではありませんでしたが、練習していると仲良くなる、ということもたまにはあるのですよね。(本当にたまたまだったと思いますが。)


 なお、同じジムに通う知人で、男性(大学教授)、女性(銀行員)という組み合わせで結婚されたカップルもいます。これは、スポーツクラブのなせる業?でしょうね。



スタジオ練習

スポンサーリンク

スポーツクラブの特徴

 
 それほど多くのスポーツクラブを知っているわけではないので、私が通ったジムについて簡単な特徴を書いておきます。


 ただ、ご存じの方もいると思いますが、スポーツクラブはフランチャイズ方式が多いので、実は個々の店舗の実質の運営会社、マネージャーやスタッフの影響が大きいです。なので、あくまでも一つの例としてみてください。

コナミスポーツクラブ

 
 ここは店舗のグレードによって料金が変わるという仕組みになっていて、大きな施設になるほど料金も高めになる感じです。(テニスコート等の施設があるとグレード高めです。)


 スクール(テニス等)を併設している所が多く、私はテニススクールにも参加していた時期もあります。お風呂も綺麗だったので練習後によく使ってました。


 全国的に展開していて大きい組織のためか、慣れ親しんだスタッフの方も転勤等で異動がありました。設備も綺麗で充実しています。ただ、筋トレ用のフリーウェイトが置いていなかったりするので、筋トレ上級者には不足かもしれません。


 あと、会員の方は幅広い世代の方がいましたが、比較的若い感じの方が多い気がしました。私の通っていた施設が駅から近くて、仕事帰りの方が多かったのも理由かもしれませんが。

ティップネス


 コナミのようにスクール(テニス等)はありませんでしたが、スタジオレッスンのメニューが多く、また、レッスンコーチの質も高い気がします。なお、私はここで初めてスタジオレッスンの楽しさを知りました。スタジオレッスンは、最初は入るのに躊躇しますが、慣れれば楽しいですよ(笑)。


 ここも大きい組織のためか、慣れ親しんだスタッフの方も比較的近場への転勤等で異動がありました。設備も綺麗で充実していて、上級者でも使えるフリーウェイトが置いてあります。筋トレもここでよくやりました。バランスがよい施設だと思います。


 また、会員の方は比較的若い感じの方が多いのと、女性が多い気がしました。理由はわかりませんが、スタジオ等のメニューが充実していること、設備がお洒落で綺麗なことも関係していると思います。


スポーツクラブNAS


 ここも全国的に展開はしているようですが、前述のコナミスポーツクラブやティップネスよりは店舗が少ない感じです。また、私の通っていたところは施設がやや古い感じでした。(後に改修されて改善。)


 その代わりに、施設内のゴルフの練習設備が非常に充実していました。打席も結構あり、さらにジムの会員は割引で施設内のゴルフスクールも受講できましたので、これが決め手の一つではありました。


 もしかするとですが、差別化のために他のスポーツジムとは違うところに注力していたのかもしれません。あと、何といっても非常に大きかったのが学割等のサービスですね!(ただ、これは一部の地域だけのようです。)


 なお、私のニーズとは関係はありませんが、女性向けのホットヨガスタジオがある施設があり、これも好きな人には選択肢に入ると思います。

まとめ


 以上、3つのクラブについて私が通った施設の感触を書きましたが、改めてHPで見てみると、同じグループのスポーツクラブでも地域や施設によってかなり差異がありました。


 なので、どの会社のスポーツクラブが良いかというよりも、ご自身のニーズ(予算、設備、通う頻度、時間帯、サービス等)を考慮して、行ってみたいと思った施設を一度下見した方が良いと思います。

 
全方位的にこの会社のスポーツジムが一番良い!という単純比較は難しいですね。

スポンサーリンク

補足(知っているとお得なこと)


 
 余談ですが、スポーツクラブの会員費について、知っているとお得なことがありますので参考までに。私が実際に使った方法もあります。

学割等のサービスがあるところに入会する。


 私は社会人になってから、会社に勤務しながら大学院に行きました。なので、スポーツクラブで学割(しかも、かなりお得)があったので、ダメもとで学割でも行けるかどうかを聞いてみたらOKでした。

 なので、学割で入会し2年間ほど学生料金で通いました。これは本当にお得でした。ただ、学割が使えたのは前述のスポーツクラブNASの一部の地域の店舗のみでした。でも、別の地域では一定年齢以下だと割安になるサービス等もあるようです。


 ただ、私はすべての施設の料金表を見たわけではなく、前述のように施設によって個性(料金、サービスの差異)があります。なので、もしかするとコナミスポーツクラブや、ティップネスにも同様のサービスを実施している施設があるかもしれませんので、ご自身で確認してみてください。

クレジットカード(ゴールドカード保有)による割引


 あまり知られていないかもしれませんが、コナミスポーツクラブと、ティップネスは、とあるゴールドカードを保有していると法人会員として利用できるサービスがあり、通常の一般会員よりも割安で利用することができます。なお、対象のカードは以下の通りです。(2019年5月時点)


  • コナミスポーツクラブ:セゾンゴールドカード
  • ティップネス:UCゴールドカード(クラブオフを利用する。)

 

 ただ、今回は記事の趣旨から離れますのであまり深くは触れません。スポーツクラブは自分にあっているかどうか、続けられそうかを見極めた方が良いと思いますので、まずはそこが自分にあう施設なのか、継続できるかどうかを検討してからですね。


 スポーツクラブの料金を安くできる方法は、しばらく試して長くできそう、やってみたいと思った時点で検討すればよいと思います。そもそも本来の目的、メリットから離れてしまい、本末転倒になりますので(笑)。


 なお、私は引っ越しで通う施設を変えたりしましたが、通算するとスポーツジムには15年以上通っています。飽きっぽくて継続力のない私が一番継続しているのは、実はスポーツジムでの筋トレかもしれません。


 スポーツクラブは、年度の初め(4月~)やゴールデンウイーク、年始(1月~)位から、キャンペーン等をよく実施しますのでで、そのタイミングで入会して、どのようなものなのかを試してみるのも良いと思います。個人的には結構お勧めです。


運動

 
 他愛のない記事でしたが、何か参考になれば幸いです。読んで頂いてありがとうございました。