お得なポイントサイト ECナビ 設備関連でお勧めの国家資格について

【おすすめ商品】ミニパネルヒーター&足温器 扱いやすく、コスパ最高です。

スポンサーリンク
ミニパネルヒーター&足温器(Greenwood社) 生活(商品・体験)
この記事は約4分で読めます。

 
 こんにちは、どらねこです。

 今回は、もう結構な期間愛用している、足温器を紹介しますね。
寒い冬から春先まで、もう私には欠かせないものになっています(笑)。



 使い方なのですが、いたって簡単で床において電源を入れ、足を置くだけです。これを使うと、足がほんとうに温まるのですよね~。
なお、本商品は後述の商品説明のように、パネルヒーターと足温器の切り替えが可能なのですが、私は足温器として使っています。


 私がこれを購入した理由ですが、寒い冬に暖房をガンガンつけたいのはやまやまですが、無駄な電気を使って光熱費をかけるのも嫌ですよね、なので、部分的に効率良く体を温めてくれる機器がないものかと思っていたら、たまたま見つけました。

 
 私は、自宅で仕事や勉強をしているときには、この足温器とホット座布団(電気座布団)を使っているのですが、この、「足温器」はあまりご存じでな方もいらっしゃるのではないかと思い、記事にしました。(知っていたらすみません。。)

 
 冒頭でも少し触れましたが、使い方は簡単で、電源を入れると、だんだんパネルがあったかくなり、その上に付属品の布のカバーをつけて、足をのせます。


 すると足の裏からあったまり、体全体に温かさが波及する感じです。やはり、足から暖かくすると体感温度があがるのですよね。


 また、ホット座布団(電気座布団)、膝掛けを併用すると大分あったかいですよ。暖房器具は、部屋全体を温めるものよりも、部分的に温める方が効率も高いです。


 なので、家全体ではなく、仕事・勉強中とかに自分の身の回りだけ暖かくしたいときには便利です。もちろん、クーラー等の暖房を使えば、より効果は高いですが。


そして、商品の詳細は以下の通りです。

 


商品名:ミニパネルヒーター&足温器(GMP-151)
メーカー:株式会社グリーンウッド

■パネルヒーター&足温器の2WAY暖房機
■パネルヒーター ⇔ 足温器 自動切換え
■空気を汚さないクリーン暖房
■電気代(1時間当り)
  パネルヒーター時:約3.5円/足温器時:約1円弱
■ワイドタイプ

【商品仕様】
■定格/パネルヒーター 150W/足温器 30W
■温度制御/サーモスタット
■安全装置/温度ヒューズ
■寸法/パネルヒーター時:H378×W515×D160、足温器時:H40×W515×D365
■質量/約3.5kg
■一般市場売価/オープン価格



出典:株式会社グリーンウッド HPより引用
http://www.gwgw.co.jp/product/index.html

 
 写真は、縦に立ててミニパネルとして使用する場合ですね。足温器として使う場合には、これを横に倒して平置きにして使います。


 電気代も驚くほどかからないので(約1円/時間)、クーラーをつけても足が寒いとか感じられる方は、ぜひ試してみてください。


 私の使っているものは、2012年製とラベルが貼ってありますので、もう7年位使っていますね。そんなに経つのか、、しかし現在に至るまで故障もなく、今でも私を温かくしてくれてます(笑)。

 
 再度になりますが、ほっと座布団(電気座布団)は併用したほうがぜったい効果大です。しかも、製品自体も安価で、電気代もほんとに安いです。


 ただ、ほっと座布団(電気座布団)は家電量販店に行けば、だいたい手頃なものが置いてありますので、この記事では個別の商品のご紹介は割愛いたします。私も、特にこだわりはありません(笑)。


 なお、株式会社グリーンウッドの概要は以下となります。
関西地方のメーカーさんで、歴史もありますね。

社名  : 株式会社グリーンウッド
所在地 : 〒675-2462 兵庫県加西市別所町395
事業内容: 石油燃焼機器・電気製品・ガス器具・キャンプ用品の仕入、販売
生産品目: 石油ストーブ・石油ファンヒーター・電気ストーブ・ガス調理器具
      オーブントースター・食器乾燥機 等

設立年月日:1995年(平成7年)7月

出典:株式会社グリーンウッド HPより引用
http://www.gwgw.co.jp/profile/index.html

 
ぜひ、また便利な暖房器具を開発して頂きたいです。
私は、この足温器のお蔭で、何年も冬場を温かく過ごせましたよ~。ほんと感謝です。

\お買い忘れはありませんか?/
生活(商品・体験)
スポンサーリンク
シェアする
Twitterも、のんびりとつぶやきます。
独学・資格学習と投資を楽しむ。