お得なポイントサイト ECナビ 設備関連でお勧めの国家資格について

【読書】メンタリストDaiGo氏の著作「好きをお金に変える心理学」を読んだ感想。

スポンサーリンク
読書 ビジネス・資格・投資
この記事は約9分で読めます。


 こんにちは、どら猫です。本記事では、メンタリストDaiGo氏の著作である「好きを、お金に変える心理学」を読みましたので感想を書きますね。


 最近、著者の本を連続して読んでいるのですが、別テーマも読みたくなったのですよね。私は気に入った著者の本は、一気に読みますので(笑)


 いつもながら、冒頭から読者を引き込む内容になっています。さすがメンタリストですね。

 

 「あなたの人生の幸せには、どのくらい「お金」が必要ですか?」

 あなたは今、「お金」の悩みを抱えていますか?もっと自由に使える「お金」があったらいいのに・・・と思うことがありますか?

 では、いくらあったら十分だと感じるでしょうか?少し考えてみてください。



  なお、この本は以下の方に参考になるかもしれません。タイトルの「好きをお金に変える心理学」は興味深いですよね。内容も面白くてスラスラ読めました。



  1. メンタリストDaiGoの本を何か読んでみたい。
  2. 「好きなこと」を探すヒントが欲しい。
  3. 「好きなこと」と「お金」が、どう結びつくのか知りたい。



どらねこ
どらねこ

投資をしている今は、良く分かるにゃ。

同僚
同僚

好きなことに集中している人は、強いよね。

上司
上司

でも、本当に好きなことって、見つけるのは難しいかもね。






  1. 著作名:「好き」を「お金」に変える心理学
  2. 監修者:メンタリストDaiGo
  3. 出版社:株式会社 PHP研究所
  4. 発行日:2017年2月3日(第1刷発行)

 

スポンサーリンク

この本を読んだ理由


 
 この本を読んだ理由ですが、DaiGo氏の2冊の著作を読んだことがきっかけです。内容は「勉強法」と「文章術」についてでしたが、メンタリストとしての方法が面白かったのですよね。




 

 そして、もう一つの理由ですが、投資をはじめて6年、ブログを始めて半年位経ったので、「好き」と「お金」の関係についても、一度読んでみたかったのですよね。

 
 メインの仕事以外に収入源をもっていると、「好き」と「お金」の関係について、なんとなくですが、良い循環があるのかなと(笑)
 

 なお、著者のメンタリストDaiGo氏の略歴は以下の通りです。

【著者紹介】メンタリスト DaiGo(メンタリスト ダイゴ)
 
 人の心を読み、操る技術 「メンタリズム」を駆使する日本唯一のメンタリスト。企業研修や講演、コンサルティング、遺伝子解析企業の顧問、大学の特任教授、TV番組への出演など、幅広い分野で活躍する。

 主な著書に『一瞬でYESを引き出す心理戦略。』(ダイヤモンド社)、『ポジティブ・チェンジ』(日本文芸社)、『自分を操る超集中力』(かんき出版)などがあり、著書の累計発行部数は130万部を超える。

 引用元:「好きをお金に変える心理学」 株式会社PHP研究所

 

スポンサーリンク

本の内容と感想


 読書

 

 では、メンタリストDaiGo氏の著書「好きをお金に変える心理学」について、私の感想と気になった箇所の一部を紹介しますね。

 

 日本人のほとんどは「お金」の使い方を知らない!?


 
 これが、この本の冒頭での重要なメッセージですね。


 するどい方だと、おおよそ著者の言いたいことがわかると思います。でも、内容はぜひ読んでみてください。「好き」と「お金」の関係につながる内容です。


 でも、これだけだとちょっとわからないと思いますので、もう少し補足しますね。


 何に重点的にお金をつかうか。どの使い方に投資の習慣をつけるよう心がけていくか。どんなふうに使えば、将来お金がお金を連れて返ってきてくれる可能性が高いか。

 こうした点を踏まえたうえで、選択し、集中することです。ヒントは、過去のあなたの経験にあります。これまで没頭した趣味やスポーツ、仕事を思い出してみてください。

 

 これは、自分の「好き」なことを探すヒントでもあります。ただ、私も投資を始める前、あるいはブログを始める前にこの文章を読んでいたら、まだよく理解できなかったかもしれません。


 どんなふうにお金を使えばよいか、は本当に大事です。これは、どんなふうに時間を使えばよいかに置き換えても良いかもしれません。どちらも有限のものですからね。


 でも、私も将来、お金が返ってきてくれる可能性が高い投資として、「学習」「投資」という発想はだいぶ前から意識していたと思います。ブログでもテーマにしてますからね(笑)


 それは、私がIT企業に就職したという点も大きな理由だと思っています。IT技術は勉強すればするほど知識が増えて、仕事の成果にも直結しますからね。私は仕事でこの考えを無意識のうちに身に着けていたのだと思います。

 そして、幸いなことに経理・財務部に異動になって、会計やファイナンスの面白さを知り、投資を始めてみたところ、これが面白かったのですよね。


 なので、仕事を続けていると「好き」も見つかると思います。ただ、自分は積極的にやりたいことに手を挙げてきましたからね。なので、見つかる確率も高かったのかもしれません。


 
 そして、次の内容も大事ですね。私は20代のころは余裕がなくて貯金ができず、30代のころから少し余裕ができましたが、無意味な貯金をしていた期間が長かったですね。


 お蔭でリーマンショックの時には投資を始めていなかったので、被害に遭わずに済んだのですが。投資をしていたら、きっと大損害を出していたでしょうね、これは幸運かも(笑)


 でも、効率は悪かったですが、20代のころからIT関係や語学等の資格学習はずっと続けていました。また、本はかなりの量を読んできたと思います。まあ、好きなのですよね(笑)

 

 貯めるべきは、お金よりも努力

 明確な使い道を定めたうえでの貯金は、将来にリターンをもたらすお金の使い方だといえます。しかし、なんとなく貯めているうちに、それが自分の支えとなり、目的が貯めることにすり替わっていくとチャンスを逃すことになります。

 今の自分に最も役立つお金の使い方を真剣に研究するほうが、将来のリターンは大きくなります。

 現状のままでやりくりしてなんとか積み上げていこうという発想は捨てましょう。貯めるべきなのは、お金よりも努力です。


 

 ちなみに、「好き」を「お金」に変える方法として、著者のメンタリストDaiGo氏は、以下のように意識して行動しているようですね。


「お金」を「好きなこと」に再投資する。
  • 好きなことをやって、それで終わりにしない。
  • 好きなことをやりながら、それでお金が入ってくる状態をつくる。
  • 好きなことでお金が入った時、そのお金をムダに使わない。
  • 好きなことにお金を再投資することで、スキルが磨かれて、次はもっと大きくお金が入ってくるようになる。
なるほどにゃ。


 
 
 でも、誰しも思うことだと思いますが、「本当に好きなこと」を見つけることは難しいですよね。そこで、本書ではそれを探す方法を質問形式で書いてくれていますので、ぜひ読んでみてください。


 そして、「好き」と「お金」を循環させる考え方ですね。詳細は本書を読んで頂きたいのですが、以下のように書かれています。


「好き」と「お金」の好循環を育むステップ
  1. 「本当に好きなことを」を見つける。
  2. 「好きなこと」を極めていく。
  3. 「好きなこと」を収入に結び付けていくための工夫をする。
  4. 「好きなこと」で得たお金を再投資する。

 

そうかもにゃ。


 
 なお、ちょっと補足ですが、行っていることを「好きになる」ためのポイントとして、以下の「フロー体験」を挙げています。これも、参考になると思います。


 タイトルだけ挙げておきますので、興味のあるかたはぜひ読んでみてください。私は個人的には「適切な難易度」を一番重視しています。成功しやすいですし、自信につながりますからね。


 特に資格学習では、「明確な目的」、「適切な難易度」は意識して選ぶべきだと思います。仕事に関係があり、適度な難易度なものから始めると良い結果がでると思います。


 そして、仕事においては、「適切な難易度」と「レスポンスの速さ」ですよね。成果が出やすいものほど楽しくなり、好きになりますからね。

 

フロー体験の8つの構成要素
  • 「明確な目的」
  • 「集中」
  • 「自意識の低下」
  • 「時間の歪み」
  • 「レスポンスの速さ」
  • 「適切な難易度」
  • 「自分で状況をコントロールしている感覚」
  • 「活動自体に価値を見出すことができる」
たしかに。

 

 なお、ある本で読んだ記憶があるのですが、「好きなこと」は最初から好きなわけでなく、行動しているうちに「好きなこと」になるのだとか。ホリエモンかユニクロの柳井氏の本だったかな、、ちょっと忘れましたが。


 私も新人の最初のころは仕事が面白くなかったのですが、3年目位から少し自由にできようになって楽しくなり、仕事が好きになるという経験をしたことがあります。そして、それは今でも同じですね。仕事は続けてみると意外な発見もあります。 
 

 
 ざっと私が読んで印象に残った箇所の一部を挙げましたが、以下のように興味深い内容が書かていますので、ぜひ読んで参考にしてみてください。

 

「好き」を「お金」に変える心理学
  • 幸せを遠ざける、お金に関する不都合な三つの事実
  • 「好きなこと」を極めるために大切なこと
  • お金を生み出す五つのチャンス
  • スキルを磨く再投資七つのルール
興味深いにゃ。

 

 
  今回、ご紹介した本は、こちらです。



 
 なお、ちょっと補足ですが、著者が本書の中でお勧めしていた本も挙げておきます。私も学生の頃に読んだ本です、懐かしい。


 理工系の学部に在籍していたのに、教育学部の心理学の講義に潜り込んでいたら教授に勧められたのですよね。今や第3版まで改定していて驚きました、伝説的な名著ですね。





 本記事では、メンタリストDaiGo氏の「好きをお金に変える心理学」の感想を書きました。本記事を読んで頂いた方に何か参考になれば幸いです。読んで頂いてありがとうございました。

\お買い忘れはありませんか?/
ビジネス・資格・投資
スポンサーリンク
シェアする
Twitterも、のんびりとつぶやきます。
独学・資格学習と投資を楽しむ。