受験して合格・取得した資格(2020年10月時点) 設備関連でお勧めの国家資格について

【読書】ブログ初心者にお勧めの本。「世界一やさしいブログの教科書1年生」の感想を書きました。

スポンサーリンク
ブログ作成 Web、ブログ
この記事は約7分で読めます。


 こんにちは。どらねこです。今日はブログについての本を読みましたので、感想を書いてみたいと思います。


 私はブログはまだまだ初心者のレベルですが、自分の興味あることや体験を少しづつ書き始めてきましたので、少し記事も増えてきました。(内容の質はともかくとしてですが。。)


 そして、今月は初めてのtwitterにも挑戦して、いろいろな方のサイトを見てみましたが、正直なところ自分のサイトを公開しているが恥ずかしくなることもしばしばでした。やはりできる人のサイトは素晴らしいですね。


 余談ですが、twitterで色々な方と会話するのは楽しいです。ただ、まだお作法が良く分かっていないので、迷惑をかけないようにしないといけませんが、、


 私は正直なところtwitterで有益で信用のある情報は少ないのでは?と思っていましたが、そうではないことが良くわかりました。また、自動的に参考になる情報が入ってくるのは便利ですね。

 

 とはいえ、他の方のブログやコンテンツに関心しているだけでは、自分のブログやスキルの向上には繋がらないので、この時期にもう一度基本に立ち返るためにも、基本となる本を読んでみたいと思いました。


 そこで、手に取ったのが本書です。結論から先にお伝えすると、やはり良心的で実績のある方の書いた本は、内容が良いですし説得力があります。


 仕事上の経験でも痛感しますが、ちょっと悩んだときや、どういう方向に進んでいくのかを立ち止まって検討したい時には、基本書にもどることがやはり大事ですね。


 

 

  • 著作名:世界一やさしいブログの教科書1年生
  • 著者 :染谷 昌利
  • 出版社:株式会社ソーテック社
  • 発行日:2016年8月31日(初版発行)

 

スポンサーリンク

この本を読んだ理由



 前述のように、少しですが記事が増えてきたことや、Wordpressでの作業に慣れてきたこと、そしてtwitterで多くの有益な情報を得たのですが、あまりに情報が多く、一度整理してみたいと思ったのがのが大きな理由です。


 また、私はブログを始める前に、この方の別の著書を読んでいました。内容も良く、信頼感があったことも、今回本書を選んだ理由ですね。


 

スポンサーリンク

本の内容と感想


 
ステップ


 本書の著者である染谷氏は、ブログ界では先駆的な存在です。また、著書も何冊か出版されています。なお、略歴は以下の通りです。
 

染谷 昌利(そめや まさとし)

株式会社MASH代表取締役。第二回全国ふるさと甲子園運営局長。1975年生まれ。埼玉県出身。12年間の会社員生活を経て、インターネットからの集客や収益化、アフィリエイトを中心としたインターネット広告の専門家として独立。現在はブログメディアの運営とともに、書籍の執筆、企業や地方自治体のアドバイザー、講演活動も行う。All Aboutアフィリエイトガイドとしても活動中。

 主な著書に「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」(インプレス)、「世界一やさしいアフィリエイトの教科書1年生」「Google Adsense成功の法則57」(共にソーテック社)、「成功するネットショップ集客と運営の教科書」(SBクリエイティブ)、「できる100ワザ Google AdSense必ず結果が出る新・ネット広告運用術」(インプレス)がある。

出典:世界一やさしいブログの教科書1年生 著者略歴より抜粋

 

 前述のように、私はブログを始める前にこの方の別の著書を読みました。こちらも初心者向けに丁寧に説明してくれているので分かり易いです。参考までに。


 


 なお、著者は冒頭で次のように述べています。本書を読むかどうかの判断材料にもなると思いますので、参考までに引用しておきますね。


 自分の得意分野の情報を発信し続ける。たったこれだけのことで自分の人生がかわるって、すごいと思いませんか。本書では、ブログという発信手段を使った集客および収益化についてお話ししています。

  それだけにとどまらず、ブログをきっかけにした仕事の生み出し方や、出版に至る道など、ブログの可能性についてまとめあげています。「教科書」の名に恥じないような内容を心がけて執筆しました。

 

いつまでも稼げる方法を身につける

今まで培った私の経験や、有名ブロガーのブログ論をベースに、一時期しか使えない表面的なテクニックではなく、基礎体力を養える内容を中心に構成しました。読者に喜ばれる記事の書き方、ネタの見つけ方、ブログを継続する心構え、発信を仕事につなげる方法など、地味ではあっても長期間使える、根本の部分を理解してもらえるはずです。

 

稼ぐ力が人生の選択肢を広げてくれる

自分の力でお金を稼ぐ力を身につけるということは、これからの時代に非常に重要な能力だと考えています。別に会社を辞めろといっているわけではありません。会社に勤めながら自分自身の力でお金を稼ぐ力をもつ、あるいは稼ぐための準備をしておいてこそ、時代の変化に対応できます。

 

 
 なお、本書に関してですが、基本的なブログの話から、運営の基礎、記事の書き方、イベント・勉強会、そして、ブログで収益を上げる方法等、基本的なところを幅広く紹介してくれています。


 ただ、私個人として一番良かったのは、17人のブログを書かれている方へのインタビューです。

 
 インタビューでは、実際にブログを運営されている方のエピソード、動機、目的、運営時の留意点等、実際のサイト内容等が書かれていて非常に参考になります。


 インタビューを読んで感じたことは、やはりみなさん自分の好きなことを書きたいから書くのですよね。ほんと当然のことなのですが、そういった純粋な動機が良い記事を書くモチベーションなのだと思います。


 また、インタビューされていた方の中には、自分が数年前から知っているサイトを作成されている方もいて、嬉しくもありました。ちょっとだけお伝えすると、「節約」がキーワードの方ですね。

 
 また、17人の方のブログはそれぞれ自分のスタイルがあります。私もこの中から、いくつか参考になるサイトを見つけましたし、今後、参考にさせて頂くつもりです。


 やはり、スタイルが近い方の方が今後自分がブログを書く上で参考になるのですよね。この記事を読まれている方も、きっと自分のブログを作るときに参考になる点があると思いますので読んでみてください。


 なお、著者の方は本書の中で次のように述べられています。なんか、ほんとにブログ初心者としては、励まされる言葉です。


本書の企画があがったとき、私はひとつのポイントを意識して書こうと決めていました。それは読者が自分の頭で考えて、自分にとっての成功パターンを見つけだしてもらう手助けになる書籍にしたいということです。

 

ここは、まさに読んでみて良かったなという点でした。

 

 ブログ運営の方法や目的は、人それぞれ違います。もちろん正解もたった一つではありません。世の中にあふれるたくさんの成功パターンを学ぶことで、その中から「自分にとっての正解」を選択できるようになります。17人ものブロガーへのインタビューも、数多くの事例を知ってほしいという思いからです。

 

 これもその通りです。仕事でも実感してますね。また、読書による他人(著者)の経験の疑似体験は非常に有益だと思っています。


 読書にはリスクもないですし、時間も費用も大して掛かりません。良い事しかありません。(読みたくない本は、途中で読むのをやめればよいですしね。)

 

 人間は、自分が認識できる範囲でしか選択できません。自分が経験している、あるいは他者の経験(歴史)を学んでいるから、自分の望む未来の予測ができるのです。視野が広がり、選択肢の幅が広がり、進む方向を選ぶことができるようになれば、自分の意思で生きる時間が増えていきます。結果として人生の自由度が上がるわけです。



 これもその通りですね。知識があることは正しい行動につながりやすいです。なので、知識をどこから学ぶかが大事ですね。それはどんなことでも同じ。


 本文中でもお話しましたが、知っているけどやらないということと、知らないからできないということはまったく違います。知識を持ったうえで「自分の意思できちんと選択している」ということが重要なのです。
 
 自分で選んでいる生き方と、誰かの判断に流されたり、そもそも選択肢があることすら気づかない生き方とでは、1年後のポジションは大きく変わってくるでしょう。

 そういう点で、ブログはみなさんの人生を変える可能性を秘めた最高のツールです。情報を発信することで、自分の望む未来を自分の力でたぐり寄せることができます。現に私もそうでした。みなさんにも当てはまると信じています。

 

 ほんとに、著者の方の誠実な感じと自分で実績を築かれてきた自信を感じます。また、本書は文書が非常に平易に書かれているので読みやすいです。


 ブログをこれから始めようとする方だけでなく、私のように数か月やってみて、色々振り返りをしてみたい方にもおすすめの本です。




 今回は、ブログに関しての本の紹介でした。本記事を読んで頂いている方に何か参考になれば幸いです。読んで頂いてありがとうございました。

\お買い忘れはありませんか?/
Web、ブログ
スポンサーリンク
シェアする
Twitterも、のんびりとつぶやきます。
独学・資格学習と投資を楽しむ。