お得なポイントサイト ECナビ 設備関連でお勧めの国家資格について

【読書】税理士試験を独学で学習する方にお勧め。「独学ではじめる税理士試験 合格法バイブル」

スポンサーリンク
税理士試験 ビジネス・資格・投資
この記事は約7分で読めます。


 こんにちは。どらねこです。今回は、税理士試験についての勉強法等について書かれた本を読みましたので、感想を書きたいと思います。


 この本は、経理・財務で仕事をする人にとって定番ともいえる「会計人コース」の編集部が出版した本です。そのため、私としても信頼感があったので読んでみました。


 
  • 著作名:独学ではじめる税理士試験合格法バイブル
  • 著者 :会計人コース編集部
  • 出版社:中央経済社
  • 発行日:2015年10月20日(第1版発行)

 

 

スポンサーリンク

この本を読んだ理由


 
 私は仕事では経理・財務をしているのですが、税理士資格は持っておりません。実際のところ大きめの企業で経理・財務の仕事をする場合、簿記、税理士、会計士等の資格はほとんど必要ではありません。


 仕事が分業されていて、ルーティン、システム化されているので決められたとおりにやればできてしまうのですよね。マニュアルもありますし。(むしろ無い方が内部統制等の問題があってまずいとは思いますが。)


 ただ、私は資格学習が好きですし、無事、会計大学院も卒業できましたので、そろそろ会計士、税理士の資格も本格的に挑戦してみようかなと思っておりました。


 そして、いくつかの資格試験の合格体験を通じて、試験勉強を始める前には、いきなり教材学習を始めるのではなく、「成功方法」「成功体験」「試験概要」等を、まずは読むことが大事だと実感していました。なので、いくつか本をさがしたところ、見つかった一つが今回の本です。


では、なぜ本書を手に取ったのか、それは以下の3点理由です。

 

  • 税理士試験を独学で合格する方法について書かれている。
  • 定評のある「会計人コース」の編集部が書いている。
  • ボリュームも多くなく、短時間で概要がつかめる。

 


 では、それぞれについて補足しますね。

 

税理士試験を独学で合格する方法について書かれている。


 
 難関資格(弁護士、司法書士、会計士、税理士等)の合格には、時間、労力、費用がかかることは当然なのですが、独学でもできる方法はないかとは思っていました。できれば費用等は抑えたいですからね。


 最近では市販の教材も非常に良くなってきておりますし、インターネットでの学習方法も選択肢が増えたことから、可能性として検討はできるのではないかと思っていました。


 私は最近になってから会計士試験の学習を始めており、予備校を使い始めています。会計士試験は科目も多く、市販の教材も限定されていることから、独学では不可能だと思いましたので。


 ただ、税理士試験は科目合格制度があることや、メジャーな科目であれば教材も充実していることから、会計士試験に比べて選択・集中すれば合格できるのでは?と思ったこと理由です。



定評のある「会計人コース」の編集部が書いている。



 私は、大学院で学習していた時に、本書の編集部が出版している「会計人コース」を読んだのですが、これは取り上げているテーマや記事が最新のものと取り上げていることや執筆者も研究者や実務家の方が書いているので、論文作成の時にも常に参考にしていました。


 なので、本書も同じ編集部の方が書かれているので、情報に信頼感もありましたし、参考になると思いました。



ボリュームも多くなく、短時間で概要がつかめる。

 

 本書はカラーで色分けされていたり、文字も大きめなので読みやすく、ページ数も130ページ位です。なので、ざっと読んで趣旨を把握するには丁度良いと思いました。あと、装丁が目立つのですよね(笑)。つい、手に取ってみたくなります。

 

スポンサーリンク

本の内容と感想


 
 本書は、「会計人コース」の読者の方から、「税理試験に独学で合格できますか?」という便りが届いたことから出版が企画されたようです。

 
 そして、「どうやって独学で合格したのか、ちゃんとした情報を届けたい」という思いで、「会計人コース」のバックナンバーから記事を編集した内容のようです。




 内容も、試験合格に向けたテーマに沿って書かれています。参考になると思いますので、構成を書いておきますね。

 

Part1:税理士&合格者に聞いてみよう!
①自分の将来をイメージしよう!税理士図鑑
②税理士試験 簿記・財務諸表論 私たち「独学」で合格!しました。

Part2:講師が「合格方程式」を伝授!
①講師12人に聞きました!どう違う?合格する人、しない人
②独学or専門学校 My学習スタイルを選ぼう!
③ペース配分 My学習スケジュールを立てよう!
④科目選択 My受験プランを練ろう!

Part3:これが合格る勉強法だ!
①税理士試験 簿記論・財務諸表論合格ロードマップ保存版
②はじめてでも!勉強中でも!いまから使えるおススメ本
③独学のミカタ!基本書でマスターする財務理論
④受験生の必携書!『会計法規集』の使い方

Part4:巻末ドリル
楽しく勉強スイッチON!チャレンンジ簿記

出典:独学ではじめる税理士試験合格法バイブル「中央経済社」



 読んだ感想ですが、やはり最初のパートで実際に独学で合格されたかたの体験記や実際の勉強法が書かれているので参考になります。あとは、学習スケジュールですね、これもどのような時間配分で合格するのかの目安がわかると思います。


 そして、少し独学で合格するという本書の趣旨は異なりますが、最初の記事の「税理士図鑑」は自分の将来のイメージをしてみるのに、面白いです。やはり、自分の将来像をイメージできた方が学習も継続できますよね。イラストも良かったです。

 
 ただ、一つ注意点があります。独学で合格された方は、簿記一級にも独学で合格されている方だという点です。これは、かなりの努力家の方です。


 私は大学院で学習していたときに、簿記一級を持っていた人を何人か知っていますが、やはり簿記一級を持っている人は実力があり、会計士や税理士に十分合格できる可能性がある人達です。


 電卓等の使い方もすごい洗練されてましたし、すごいスピードで計算してました。また、基本的に簿記の仕分けは頭の中でイメージできると言ってました、、それくらいでないと合格できないとも。。


 私は、経理はシステムで自動化できるし、これからはAIだよ~、みたいにうそぶいていましたが、、まあ、完全な負け惜しみです(笑)。


 なので、この方たちが「独学」で合格できたことを、単純に初学者が参考にすることは少し注意が必要です。


 そして、やはり広く学習経験者の方々の情報を集めたので、やはり個人の具体的な体験談が少ない事ですかね。やはり、独学は努力や工夫等が必要になりますので、もう少し細かい体験や教材、学習方法、それぞれのバックヤードを知りたいところです。


 その意味では、より個人の体験を深堀して合格するまでの体験を纏めらた本は以下が参考になりますので、参考までに。


 失礼ながら、最初はタイトルがあまり好きではありませんでしたが、読んでみると面白く、そして具体的な勉強方法等が書かれていて非常に実践的です。







 ただ、税理士試験を合格するための情報としては、独学者の学習方法、講師のコメント、教材紹介等、読んで得るものはあると思いますし、短時間で読める事を考慮するとコスパの良い本だと思います。


 また、私は、「会計人コース」を読んでいたので、こちらの本も読みましたが、この記事を読んで頂いている方で、これから会計士、税理士の試験を勉強してみようかな、と思われる方は、月刊誌の「会計人コース」を一読されることもお勧めします。


 「会計人コース」は、会計基準等の最新の動向や、試験対策の記事等が掲載されているため、タイムリーに最新の情報が入るのが良いところですので、いろいろ参考になると思います。


 私も、会計士、税理士試験の学習をぼちぼち始めましたが、大学院の同期の方たちは、結構、税理士試験に合格していて開業もしています。ほんと、自分の遅れを実感している今日この頃です。。そろそろ本気でやらないといけないですね。


 今回は、税理士試験の勉強法について書かれた本の紹介でした。読んで頂いた方に何か参考になれば、嬉しいです。

\お買い忘れはありませんか?/
ビジネス・資格・投資
スポンサーリンク
シェアする
Twitterも、のんびりとつぶやきます。
独学・資格学習と投資を楽しむ。