お得なポイントサイト ECナビ 設備関連でお勧めの国家資格について

【読書】超初心者の私でも理解し易いです。「これからはじめるHTML&CSSの本」の感想を書きました。

スポンサーリンク
プログラミング Web、ブログ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本書について

 

本の概要


  この本は、表紙に「一番やさしいホームページ制作の入門書です。」と記載されていますが、確かに超初心者の私でも分かり易かったです。


 表紙も手に取り易い和らかで親しみのあるデザインです(特に私のような初心者には)。また、本書には、練習用ファイル・オリジナル素材集が入っているCDが添付されており、サイト作成の入門者に優しいですね。




  • 著者:千貫 りこ (せんがん りこ)
  • 出版社:株式会社技術評論社 (2017年6月初版)

 

読んだ理由


 やはり、HTMLやCSSの知識がほとんどないので、なにか初歩的なところから体系的に学べる本はないかなと思ったのが手に取った理由です。なお、この本を読んだ時の私のレベル感・状況ですが、こんな感じです。


①HTMLがホームページ制作に使われていることは知っているが、どのようにつかわれていて、どう書くのか等の具体的な方法は知らない。


②CSSはその用語を聞いた事がある程度。(どうやら表示に関わるらしい?)

③Wordpressは、色々なサイトで評価が高かったCocoonを使用。


④個別の表示の変更は、どうやらstyle.cssファイルに記述するらしい。


⑤先月から知識もなくWordpressでのブログ制作をいきなり初めて、他の方のきれいなHPの構成、装飾等はどうやるのかを悶絶しながら調べている。


 こうやって、書いている記事も、「センスなし」「Webサイト大丈夫」みないな感じに見えて、なかなか記事の作成が進まない。(公開できない。。)やはり、Wordpressテーマは有料のものにすべきか、悩み中。


 なので、私の使っているテーマ(Coooon)のお蔭で、本当は相当に楽ができているにもかかわらず、サイト作成が進まないので、基礎から学んでみたかった、というのが手に取った理由です。

感想


 図と平易な文章のおかげで、1時間位で読めました。ただ、細部まで完全に理解したというわけではなく、HTMLやCSSが何のためにあり、どのような動きをするのか等について、ある程度を理解できた感じです。


 簡単な記述例で書いてくれていますので、個々のコードの意味も良く理解できました。


 私は、自由にサイトを作ってみたい、アフィリエイトもできればやってみたいと思っていましたので、無料ブログを利用せず、いきなり、ドメイン作成、サーバーを借り、Wordpressのインストールから始めました。


 Wordprsssは良い、簡単であるという文言をよく見かけますが、初心者にはまだ少し敷居があるような気がします。(まあ、それは何事もそうですよね。)


 あと、最初はテーマで用意されている方法のままに、サイトを作成していますが、細部の変更はどうしても個別に記述する必要があり(style.cssファイルに記述するらしいことは判明)、これから知識を吸収中です。


 Webで検索したり、他の方のブログで、教えて頂いたコードをコピーすれば、大概はそれで済むのですが、どうしても意味を知りたくなりますよね。それに自分好みに修正したいですね。


 その意味ではこの本は、文字の色やサイズを変えるにはどうするのか、箇条書きの作り方、プラグインとは何か等を、補足的にページを割いて説明してくれているので、用語の意味も理解できて助かりました。


 読んだ後に、見出しのH1、H2、H3とかの意味等がやっとわかったという感じです。そして、いろいろな表示をWordpressやテーマが自動でやってくれていたんだな~、というありがたさを、今更やっと実感できました(笑)。


 読んだ後に、さっそく他のサイトで紹介されていたコードを style.css に追加して、動作を確認できたときは嬉しかったですね~。

 
 ちなみに巻末に、監修された「ロクナナワークショップ」さんの紹介があります。原宿・表参道にあるWeb制作の学校のようです。


ロクナナワークショップさんのHPを見る。


受講料も「遠方割引」、「学割」、「主婦・主夫割引」があるようですね。ご参考までに。





\お買い忘れはありませんか?/
Web、ブログ
スポンサーリンク
シェアする
Twitterも、のんびりとつぶやきます。
独学・資格学習と投資を楽しむ。